重要な損切りのタイミング

 FXや株式投資、またはそれ以外のあらゆる投資にも、損切りのタイミングは極めて重要だと思います。なぜなら、どんな名人でも投資で勝ち続けることなど不可能だからです。投資とは、勝つこともあれば負けることもあります。問題は、勝つ時いかに大きく勝ち、負ける時いかに小さく負けるかです。特に負ける時、素早く損切りの決断をして被害を最小限に食い止めることが肝心です。

 しかしFXで上手くゆかない人を見ていると、その損切りのタイミングがなっていません。「もう少し待てば事態は好転するのでは」などと夢みたいな期待を抱き、時を逸してしまっています。

 今日の負け戦はさっさと撤退して、明日、新たに出直せばいいのです。それこそが勝つ秘訣の一つなのです。

損切りの幅について

私がFXをやるのに一番重視しているのは負け方すなわち損きりです。最初の頃は損きり額をできるだけ減らすために損きり幅をできるだけタイトなものにしていました。損きり幅が小さければ小さいほど確かに損きり額は減るのですが、その代わりストップを取られる確立は格段に高まります。いわゆる損きり貧乏というやつです。

そこで考えたのは損きりの幅をかなり大きめに取るということです。これは誰しもがたどる道だとは思いますが、私も全く同様の道をたどりました。損きり幅を広げると確かにストップにかかる確率は減りますが、今度は一旦損きりを食らうと損害額が半端ではありませんでした。結局はジャブを何発も食らうか、カウンターパンチを1発食らうかの違いでしかなく、どちらにしても食らっていたらそのうちノックアウトされてしまいます。

FXなどをやっている人は誰しも悩むのでしょうが、損きり幅の設定はエントリーの仕方以上に難しいところです。その人その人のやり方によるのでしょうが、私は常時チャートを眺めて取引するやり方ではないので、今はかなり損きり幅を広めにしてやっています。どれがベストというのはないので、これはやりながら自分で調整するしかないのではないでしょうか。